土地の造成って何をするの?工事で使われる仕上げ方法をご解説!

こんにちは!岐阜県大垣市を拠点に県内全域で、デッキ・テラスの設置や玄関アプローチなどのエクステリア・外構工事、造成工事、土木工事を手掛ける株式会社伸建です。
「造成工事をするとき、どのようにして土地をきれいにしているのかな?」
このように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「土地の造成って何をするの?工事で使われる仕上げ方法をご解説!」というテーマで具体的にご説明します。
ぜひ、最後までご覧ください!

造成工事の仕上げ方法


造成工事とは、対象の土地を用途に合わせて使用するために整備を行う工事です。
造成工事には大きく分けて4つの仕上げ方法がありますので、一つずつ確認していきましょう!

1.粗仕上げ

粗仕上げは土地造成の方法で、もっとも手間や費用がかからない仕上げ方法です。
土地にある建物を取り壊し、がれきや庭の装飾といったものを取り除きます。
取り壊しの際に発生する細かな木くずやガラス片を取り除き、土地をならし固めやすいようにします。
そのあとは、重機を使用して土地を均一に押し固める作業まで行われるのが一般的です。

2.砂利造成・盛土

この方法は、上記でご解説した粗仕上げを行ったあと、更に細かく不要物を取り除き、砂利を敷き詰めたり、土地の凹凸をなくしたりするための盛土を施す仕上げ方法です。
砂利を敷き詰めるときには、タイヤローラーやロードローラーといった機械を使って転圧が行われます。
この転圧を施すことによって、砂利がばらばらになってしまうことを避けることができます。

3.防草仕上げ

防草仕上げとは、雑草が生えてこないよう防草シートを敷き詰める仕上げ方法のことです。
一度造成工事を行ったとしても、すぐに土地を活用しない場合は、すぐに雑草が生え出てしまいます。
造成工事後の状態を保つためには、きちんと除草をするか防草シートを敷くといった対策が欠かせません。
この仕上げ方法は、砂利造成を行う前に合わせて用いられます。
このような処置を行うことで、砂利の合間から雑草が生えて管理しづらくなる土地になることを避けられます。

4.コンクリート・アスファルト仕上げ

コンクリートやアスファルトでの仕上げは、主に駐車場として利用する際や、何件かの住宅が立ち並ぶ間に私有道路を設ける際に用いられます。
コンクリートやアスファルトを敷く際には、できるだけ高低差をなくす必要があり、盛土と合わせて行われることがほとんどです。
また、場合によってはコンクリートの表面にアスファルトを薄く塗って仕上げるという手法も用いられます。

造成工事は弊社にお任せください!


岐阜県大垣市に拠点を置く弊社では、造成工事を積極的に請け負っております。
重機を使ったスピーディーな作業を心掛けており、数多くの実績を重ねてまいりました。
造成工事をご検討されているお客様は、ぜひ弊社にご依頼ください!
安全かつ高品質な施工をお約束いたします!
なお弊社では、外構・エクステリア工事や新築外構工事、土木工事も得意としておりますので、こちらのご依頼も併せてお待ちしております。
お問い合わせにつきましては、お電話あるいはWeb上のメールフォームより受け付けております!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

岐阜市・大垣市のエクステリア・外構・土木工事は株式会社伸建
ただいまエクステリア・外構工事スタッフ求人中です!
〒503-0002 岐阜県大垣市開発町3丁目16-6 レインボーハイツ105
TEL:0584-82-7829 FAX:0584-82-7829
※営業電話お断り

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

外構工事

外構工事

施工事例⑫

施工事例⑫

こんにちは! 大垣市や岐阜市など、岐阜県各地で土木工事、外構・エクステリア工事を主要業務としている株 …

施工事例を更新致しました!

施工事例を更新致しました!

こんにちは! 大垣市や岐阜市など、岐阜県各地で土木工事、外構・エクステリア工事を主要業務としている株 …